トップページへ戻るサイトマッププライバシーポリシーご利用規約お問い合わせ

愛知ライフセービングクラブ

 

ホーム  > 資格を「失効」された皆様へ
 

資格を「失効」された皆様へ

資格有効期限が切れた方は、「更新講習会」では更新できません。
以下の手順を踏むことで、「復帰」が可能です。



≪概要説明≫
日本ライフセービング協会の公認資格を以前に取得したが有効期限が切れてしまった方は、現在その資格が「失効」の状態となっております。それを再度「復帰」させる為には、いくつかの手順がございます。

≪対象資格≫
日本ライフセービング協会公認資格のうち、下記資格
BLS(旧CPR資格)
ウォーターセーフティー
ベーシック・サーフライフセーバー または アドバンス・サーフライフセーバー
IRB・クルー または IRB・ドライバー
プールライフガード または アドバンス・プールライフガード
リーダー

≪復帰させる手順≫
BLS(旧CPR資格)
BLS講習会(新規講習)を受講し、検定試験に合格すること
新規講習会費:¥7,500 (資格登録費・教材費・保険費を含む)

ウォーターセーフティー
ウォーターセーフティ講習会(新規講習)を受講し、検定試験に合格すること
新規講習会費:¥4,500 (資格登録費・教材費・保険費を含む)

ベーシック・サーフライフセーバー または アドバンス・サーフライフセーバー
以下の手順をとること
(1) BLSとウォーターセーフティを保持していること
(2) 「失効講習会」を受講し、サーフライフセービングにおけるボードレスキューとチューブレスキューの実技検定を受検し合格すること
(3) 指定の申請用紙に必要事項を記入の上、所属する都道府県ライフセービング協会に提出すること
失効講習会費:¥8,000 (資格登録費・教材費・保険費を含む)

IRB・クルー または IRB・ドライバー
以下の手順をとること
(1) ベーシック・サーフライフセーバー以上を保持していること
(2) 「失効講習会」を受講し、サーフライフセービングにおけるIRBレスキューの実技検定を受検し合格すること
(3) 指定の申請用紙に必要事項を記入の上、所属する都道府県ライフセービング協会に提出すること
失効講習会費:¥8,000 (資格登録費・教材費・保険費を含む)

プールライフガード または アドバンス・プールライフガード
以下の手順をとること
(1) BLSを保持していること(他団体の認定資格も含む)。またはBLSを業務で扱う者。かつアドバンス・プールライフガードにあっては、ウォーターセーフティを保持していること。
(2) 「失効講習会」を受講し、プールライフガーディングにおけるチューブレスキューの実技検定を受検し合格すること
(3) 指定の申請用紙に必要事項を記入の上、所属する都道府県ライフセービング協会に提出すること
失効講習会費:¥8,000 (資格登録費・教材費・保険費を含む)

リーダー
以下の手順をとること
(1) リーダー講習会(新規講習)を受講し、検定試験に合格すること
(2) 指定の申請用紙に必要事項を記入の上、所属する都道府県ライフセービング協会に提出すること
新規講習会費:¥8,000 (資格登録費・教材費・保険費を含む)

本件のお申込・お問い合わせは、日本ライフセービング協会事務局へお電話いただくか、 お問い合わせフォームからご連絡ください。

 
space
Copyright(C) Aichi Lifesaving Association.. All right reserved.